「シュタイナー教育」とは?

「シュタイナー教育」という呼び名は、その基礎を築いたドイツの哲学者、ルドルフ・シュタイナー(1861-1925)からきています。

 

シュタイナー教育は「自由への教育」であるといわれます。

 

それは、成人したときにしっかりとした自分を持ち、社会やほかの人たちとよい関係を持ち、その中で、何をすべきかを自分でしっかりと決め、それを実際に責任を持って行える人を育てることです。

クレヨンハウス発行:月刊「クーヨン」増刊『0~7歳を大切にするシュタイナーの子育て』

NPO法人「南沢シュタイナー子ども園」代表理事 吉良創執筆記事より抜粋

ルドルフ・シュタイナー