子どもたちの生活の場

子ども園は、3歳から6歳までの子どもたちが混ざりあった、

少人数「縦割り」のクラスで、

大きな家庭のようなあり方をしています。

その中で、小さい子どもたちは大きい子どもたちから遊び方を学んだり、

大きい子どもが小さい子どもの面倒を見たり、

といった相互のかかわりが生まれます。

子どもたちは教えられることによってではなく、生活の中で、

体験を通して学んでいきます。

 

この年齢の子どもたちに本当にふさわしい生活体験ができるように、

保育の内容と環境に、心を込めた配慮がなされています。

 

シュタイナー幼児教育を専門に学んだ教師がクラスを担当します。