子どもは模倣しながら成長する

自由遊びの時間、教師は園の生活に必要な手仕事をこなしています。

 

大人が心をこめて一生懸命働いている姿は、子どもが落ち着いてひたむきに遊ぶことへの動機づけとなります。子どもは自分の周りで生活し仕事をしている大人の様子を深く自分の内に受け入れ、遊びの中に再現するのです。

 

園での活動はすべて、子どもは模倣しながら成長するという原理に基づいて行われます。説明をして教えることを避け、大人が手本となるように振る舞うという、行為による教育がなされます。

説明をして知性に訴えるよりも、行為によって導く意志の教育を大切にしています。