子どもの感覚は世界に対し開かれている

子どもは感覚を通して、外の世界を吸収していきます。

どんなものも「良いもの」として、ひたすら自分のうちに取り込んでいくのです。

 

それだけに、子どもを取り巻く園の環境はとても大切で、子どもにとって調和のとれた「おおい」となるように、考えられています。

 

遊具やおもちゃは天然の素材で、ほとんどは教師や父母の手づくりです。

保育室は落ち着いた雰囲気で子どもが遊びに没頭できるように

ととのえられています。

 

※CD、カセット、ビデオ、コンピューターなどを保育に使うことはありません。

子どもの感覚は世界に対し開かれている